HOME >  給湯器交換の基礎知識 >  いくらかかる?給湯器の設置

いくらかかる?給湯器の設置

給湯器交換までの一連の流れを把握したところで、やはり気になってくるのがその設置費用。全体の費用いかんで、選択できる給湯器本体も違ってくるものです。

ここでは、給湯器の設置に必要な費用面についてみていきます。

意外とかかる交換費用

単に給湯器の交換といっても、本体価格だけがかかるわけではありません。本体価格のほかにも必要となってくるのが、設置の工事費用。作業料そのものと使用する部品にかかる費用をあわせたものが請求されます。

工事費用は給湯器のタイプによって違ってきます。設置をお願いする販売店やメーカーにもよって差異はあるものの、おおよそ目安としては次のような感じでしょう。

  • 給湯専用…25,000円前後
  • オート・フルオート…30,000円前後
  • エコキュート…35,000円前後

そうです、交換といっても意外とけっこうな額がかかってくるのです。2つ穴タイプの浴槽から1つ穴タイプの浴槽への交換、配管カバーや排気カバーの設置、据置台や据置架台の交換、狭所・高所での作業などが発生する場合は、さらにその分の費用が加算されます。

オプション工事の費用

予算は最低でも本体価格+30,000円程度は見ておく必要があるでしょう。業者によっては、現場で追加費用を求めてくることもあるため、見積もり金額=支払総額の明朗性をうたっているところに依頼することをおすすめします。

給湯器のなかでも、従来型のものからエコジョーズへの交換時にはドレン排水の専用配管工事が必須です。この場合も、エコジョーズの基本工事費用にドレン排水工事が含まれているかをチェックしておきましょう。

では、オプション工事にはどの程度の費用が必要なのかもまとめておきます。

  • 2つ穴浴槽から1つ穴浴槽への交換…20,000円前後
  • 据置架台交換費…8,500円前後
  • 狭所・高所への設置…10,000円前後
  • 配管カバーの設置・交換…3,500円前後
  • 据置架台交換…5,000円前後
  • PS設置タイプからの交換…3,000円前後

これらはあくまで目安で、条件によって実際の費用は増減します。狭所・高所作業をはじめ、特殊な設置ケースで作業員が2名となれば、そのぶん費用も加算されます。使用する部品も、メーカーによって価格はまちまちです。

詳細な費用については、必ず見積もりを出してもらうようにしてください。

※このサイトは私が調べたものをまとめていますので、最新情報は各社の公式HPをご確認ください。

給湯器設置業者ランキングCHECK!