HOME >  エコ給湯器導入のメリット >  導入後のメリット

導入後のメリット

省エネとCO2の削減にエコ給湯器が効果を発揮することは広く知られていますが、導入後には具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。
ガス温水機器の『エコジョーズ』を例にお教えしていきます。

エコ給湯器の代表的なメリット

お湯を使っているときのエコ

エコジョーズでは、従来製品で排気されていた熱を、熱交換システムに配管を二巡させることで、再利用して熱効率を高めています。
熱効率とは「発生させた熱を水に伝える率」を意味しますが、これが従来の製品では、技術的に80%ほどが限界でした。
その問題点を改善し、排気されていた熱を再利用することで、熱効率を一気に95%まで伸ばすことに成功したのがエコジョーズです。
また、排気熱を再利用しているので、結果的に排気温度や排気自体も減り、CO2の量を13%も減らすことが同時にできたのです。

お湯を使っていないときでもエコ

エコジョーズでは待機電気の消費電力が1.8~2.0Wと従来製品のおよそ50%ほどに削減されているので電気代もお得です。

補助金制度を活用できる

導入支援補助金制度とは、省エネ性能に優れた給湯器を導入しようとしている方に、その費用の一部に対して国から補助金が交付される制度です。
つまり、これまで使っていた温水器を新しい物に買い替えるとき、エコジョーズなどを選んで購入すると、通常よりも安く済むという、消費者にとってはたいへん嬉しい制度なのです。
国から支給されると言っても、これは経済産業省から補助金交付事業を任された事業者が行っています。
そのため補助金制度は、都市ガス、LPガス、電気など、使用される燃料別に交付される事業者も異なっており、全て同じではありません。
また、「エコ」という名称がついていても、機種によっては補助金が下りなかったり、決まった条件でないと交付されない物もあるので注意が必要です。
補助金の受けられる時期が限られていることもあるので、導入前にしっかりと確認しておくことをおすすめします。

※このサイトは私が調べたものをまとめていますので、最新情報は各社の公式HPをご確認ください。

給湯器設置業者ランキングCHECK!