HOME >  給湯器交換の基礎知識 >  壊れたときの対処法

壊れたときの対処法

「給湯器が壊れたかな?」と思ったら、どのような対処法を思いつくでしょうか?
 おおよそのトラブルは、給湯器の寿命が原因で引き起こされるわけですが、自分自身でできることは数少ないのですが、それでもできることはあります。
ここでは、その自分でできることについてお教えしていきます。

トラブル時に考えられるいくつかの問題点

夜仕事が終わり、一日の疲れを浴室で洗い落とそうとシャワーのコックをひねったら、お湯の量が少なく、温度もややぬるい。
温水器からは燃料の臭いがするし、稼動音もどうもおかしい…。

こんなケースでは、あなたはどのような選択をされますか?

夜だし、調子はおかしいが給湯器は一応稼動しているので、そのままシャワーを浴び続けるという人もおられるかもしれません。
しかし、年式が古いと不完全燃焼防止装置がついていない機種もあり、一酸化炭素中毒が発生する恐れは拭いきれません。

とは言え、お湯がない生活はとても困るものです。
すぐに修理に出したいところですが、とつぜんの故障にはいくつか問題も持ち上がってきます。

  • どこに連絡すればいいのかわからない
  • 故障した時間帯が夜である
  • 修理に出したほうがいいのか、新しい物を買ったほうがいいのか判断つかない

このように、急に壊れてしまうとわからないことが山ほど出てくるものです。

突然の故障や寿命でも焦らないために

トラブル時に知っておきたい修理先の電話番号まず、修理や買い替えの依頼先ですが、これは給湯器設置業者がおすすめです。
お湯が出なくなり、まずは都市ガス会社に電話をして、そこで告げられた価格に驚いてしまうこともあります。
設置業者なら24時間受付しているところもあり、時間帯に縛られることなく修理の依頼が可能です。

ただ、製造後10年を過ぎている機種では、部品がすでに製造されておらず、直すことができないケースもあります。
また、購入して間もない機種でない限り、修理よりも買い替えた方がお得である傾向が強まっています。
これは、最近維持費やエコに配慮した機種が普及しているためで、エネルギー消費を抑えることができるからです。

※このサイトは私が調べたものをまとめていますので、最新情報は各社の公式HPをご確認ください。

給湯器設置業者ランキングCHECK!