HOME >  給湯器の寿命に伴うトラブル対策 >  寿命を延ばす入浴法

寿命を延ばす入浴法

給湯器の寿命を延ばすために、また、快適に使うためのコツをまとめています。

寿命をのばす風呂釜洗浄剤の使い方とは?

風呂釜洗浄剤を使う場合、洗浄剤と湯垢をしっかり洗いだす必要があります。洗浄後は風呂釜に水を張り、お湯を炊き上げ、そのお湯にはつからず、捨ててください。

また、市販の2つ穴タイプの機器にはポンプが内蔵されているため、給湯器に支障をきたす可能性があります。1つ穴用のものを利用しましょう。

入浴剤の種類と給湯器の寿命

避けたいのは、硫黄分を含んだ入浴剤です。給湯器の熱交換器の腐食を招きます。

【おすすめ入浴剤】

市販の入浴剤でおすすめなのは、風呂釜のそこが見える透明度のあるもので、さらにパッケージに“風呂釜をいためません”などと、注意書きのあるものは、より良いでしょう。

【避けたほうがよい入浴剤】

白く濁る入浴剤は、無機系酸化チタンが含まれている場合が多く、適しません。この酸化チタンが研磨剤となり、給湯機器の故障の原因となることもあるのです。

温泉地で売られている硫黄成分の濃いもの

発泡性のもの。炭酸ガスなどの入浴剤の泡が、給湯器の循環経路に入ると、故障の原因となる場合があります。

牛乳やお酒、ゆずなど。微生物の餌となり、給湯器の汚れの原因となるので、使用後はしっかりと洗浄されることをおすすめします。

井戸水を使うと寿命が短くなる?

井戸水のほかにも、温泉水や地下水は、原則として利用をおすすめしません。

機器内の配管に異物が付着して詰まらせ、給湯器の部品を腐食させ、水漏れが発生するなど、トラブルの原因となります。

メーカーが使用を推奨しない水質の場合、保証期間内であっても有料での修理となる場合がほとんどです。

※このサイトは私が調べたものをまとめていますので、最新情報は各社の公式HPをご確認ください。

給湯器設置業者ランキングCHECK!