HOME >  給湯器の寿命に伴うトラブル対策 >  水温が変わってしまう

水温が変わってしまう

熱くなったり、冷たくなったり、お湯の温度が安定しない場合の原因と解決策についてご紹介しましょう。このトラブルは、給湯器が寿命を迎えたときによくあります。

給湯器に付いている配管の水圧が変化

家族のために安定したお湯の供給を心掛けましょうお湯と水の栓が別々になっていると起こりやすいトラブルです。
お風呂場でシャワーを使っているのと同時進行で、キッチンや水洗トイレなどでお湯や水が使われると、配管の中の水圧が変化してしまいます。
これにより、お湯や水の量も変わってしまうので、両方を混ぜることで調整していたシャワーなどの温度も一定ではなくなってしまうというわけです。
特にアパートやマンションでは、隣人がお湯や水を使うたび、水温が変わってしまうという困った報告例もあります。
この場合は、温度設定を適温にし、水の栓は触らずにお湯だけの蛇口をひねってシャワーを使うのが最もおすすめの解決策です。

リモコンと温度自動調節器(サーモスタット)の特性による認知ミス

シャワーなどに温度調節(サーモコントロール)がついているのに水温が一定でない場合、故障だと捉えられがちですが、実はそうではないことが大半を占めています。
ガス温水器本体とシャワー栓の温度を一緒の設定にしてしまうと、シャワー栓のサーモコントロールが、もともと同じ湯音なのにさらに同じ湯温にしようと、誤作動を起こしてしまうケースがあるためです。
誤作動を発生させないための対策としては、本体の温度設定をシャワー栓よりも5℃以上高めにしておく必要があります。

その他で考えられる要因

ガス栓、給湯元栓が全開になっていないと、お湯の温度が不安定になってしまいがちなので確認してみて下さい。
水温が高いときに低温のお湯を出そうとすると、お湯の温度が設定温度より高くなるときがありますので注意して下さい。

※このサイトは私が調べたものをまとめていますので、最新情報は各社の公式HPをご確認ください。

給湯器設置業者ランキングCHECK!